World Surfaris
 
Deatinations

About Us

代表挨拶

WSJのこだわり

私がワールドサファリジャパンを主宰した時、どうして今更サーフトリップなの?
そう聞かれることがありました。言葉では色々説明していたものの、実は本当の理由は別のところにありました。

60年代に始まったサーフカルチャーは益々発展し大衆化を遂げた。私も例外ではなく、ホームポイントは多くのサーファーで賑わい、ストレスを抱えることが多くなったのも現実。
その昔、ジェリーロペスがパイプラインの混雑を避けてG-LANDにその夢を見つけたように私も自分にとって夢のようなサーフィンライフ追い求めていました。
当時勤めていた、NTTでは希望する仕事に就き、十分な地位も、休みも取れる何不自由無い生活を送っていましたが、何かが足りないともいつも思っていました。
それがある時、一人旅をしている最中に出会った人々との話や経験から全てが理解できでしまったのです。

私に足りない物。 それは、周りの環境でも、物でも無く、自分自身のアイデンティティ。

自分自身の将来への熱望、理想がありながら、それをあざむいている自分自身。いつしか漠然とただ時間だけが過ぎていく日常となっていました。
旅とはこういう自分を強制的に"開く"力があるのだなと初めて感じた瞬間でもあり、常に周囲の力になりたいと言う思想が染み付いている自分にとっては、伝えることが使命だと直感しました。
サーフポイントの混雑、日頃のストレスやしがらみから逃れ、混雑の無い素晴らしい波に乗る。その瞬間がその人にとって幸せで、感動に満ち溢れ、笑いが絶えない。そして貴重な休暇が終わる頃には、活き活きとして少しノリシロが拡がっている自分自身に気づく。そんな旅のお手伝いをしたいと思っています。

ワールドサファリジャパンでは波が良いのは当たり前、混雑が少ないのも当たり前、プラス何かしら感じたり、経験できる場所を常にこだわって開拓し、皆様に紹介させて頂いています。
そして今後もこの信念を念頭に新しい場所、新しいことにチャレンジしていきます。


代表 細田 智規

ABOUT US | LINK | SITE MAP
Copyright © 2008 All Right Reserved.
AIU